OXiGENATOR

リビジョン履歴

ホーム »  CamCarDer »  リビジョン履歴

バージョン 3.7 (掲載 03/11/2020)

  • 音声アナウンス付きターンバイターンナビゲーションが追加されました. ユーザーはビデオを録画でき、同時に画面上およびスピーカーの上のナビゲーションターンの指示に従うことができます

バージョン 3.6 (掲載 02/10/2020)

  • 制限速度の兆候を検出し、認識する機能が追加されました. アプリケーションは、検出された制限速度を超えた場合にユーザーに通知する場合もあります. 現在、米国と同様の制限速度サインのみがサポートされています, しかし、我々はすぐにより多くの地域を追加しています

バージョン 3.5 (掲載 11/12/2019)

  • マルチカメラデバイスで使用する特定のカメラを選択する機能 (iPhone Xのように, iPhone 11, iPhone 11 プロ, など。)

バージョン 3.4 (掲載 10/29/2019)

  • ビデオ録画中に写真を撮る機能 (写真は、カメラロールに保存され、座標を含みます + タイムスタンプ).
  • ユーザーは、ビデオのエクスポートに座標を含めることができます (マップの下に表示されます。)
  • アプリケーションは、電話機が左または右に向いているコネクタで取り付けられたときに自動回転します
  • いくつかのマイナーな修正と改善

バージョン 3.3 (掲載 10/23/2019)

  • iOS のダークモードのサポート 13. マイナーな修正と改善

バージョン 3.2.1 (掲載 01/09/2018)

  • 無料版の完全なクリップをエクスポートになりました (条件で)
  • 安定性の向上
  • マイナーな修正

バージョン 3.2 (掲載 09/09/2017)

  • 今ビデオのエクスポートの位置マーカーの代わりにマップが移動します。. これを参照してくださいすることができますより詳細な方法でマップ
  • スタート / 停止ボタンはもはやメイン画面地図の収縮をブロックします。
  • 我々 は削除 60 と 30 以来、彼らは大きすぎるファイルを生成分クリップの長さのオプション
  • マイナーな修正とインターフェイスの改善

バージョン 3.1.1 (掲載 06/29/2017)

  • コンパスは冗長性のため削除されました (見出しが北以外の場合、プルアップ マップはすでにコンパスを持っています)
  • 設定のインターフェイスから戻って行くアプリのクラッシュの修正

バージョン 3.1 (掲載 05/29/2017)

  • 主なインターフェイスの地図を撤回するタブが追加されました. 外出し、戻って、地図; 車両の動きの方向に従います
  • スタート / 停止ボタンは今録音またはアイドル状態のモードを示すための色を持ってください。 (赤い色 – 記録; 緑の色 – アイドル)
  • 主要なインターフェイスに追加されたコントロール画面を暗くする. 淡色表示中の画面要素のほとんどを更新しません, これはエネルギー消費量を下げる必要があります。 – したがって、デバイスの加熱を下げる.
  • 削除されたレコードのビデオ クリップを「スタック」をクリーンアップします。
  • クリップ タイトル クリップ開始位置に基づいています
  • いくつかの小さな欠陥を修正しました

バージョン 3.0 (掲載 04/27/2017)

  • 新機能
    • スイッチ ビデオ安定化をオフにする機能 (選択した画質モードで利用できる場合)
    • ビデオの安定化 (利用可能な場合、) プレビュー インターフェイス上のアイコンで表示
  • 改善および変更
    • いくつかのインターフェイスは、使いやすさの改善されました。
    • 高, 中、低より特定のデバイス モデルに関連する調整されたカメラのモード
    • マイナーな欠陥が修正されました。

バージョン 2.5 – 2.5.2 (掲載 10/10/2016)

  • 新機能
    • 追跡し、急ブレーキや加速の G フォースを記録
  • 改善および変更
    • ときにビデオの再生がスムーズな今スライダーを使用. 地図は再よりスムーズに配置も.
    • アプリケーションは、iOS を今必要な 9.0 以降および iOS と互換性 10
    • プライバシー ルール変更によるクラッシュを修正しました

バージョン 2.4.1 (掲載 06/14/2016)

  • 改良と修正
    • 今だけ使用に必要な」ときアプリの"位置情報サービス (前に、それは「常に」必要はなかった)
    • 1 つのクリップが終了する録音し、次のいずれかを起動した後にスリープ状態に移動していないアプリケーション

バージョン 2.4 (掲載 06/09/2016)

  • 新しい機能:
    • 1 つの大きなクリップではなく, CamCarDer は今固定サイズの小さなクリップを記録します。; 1 つのクリップが終わるとき, 次に録音開始されます自動的に
    • クリップのデュレーションを選択するコントロール (1, 5, 10, 15, 30 または 60 分)
    • クリップをプレビューするとき (アプリで遊ぶ), ユーザーは、自動的に次のプレーを開始する選択可能性があります現在のクリップは
  • 改善
    • カメラが動いていないとき – 速度として表示されます"-"非ゼロ値の代わりに (両方で – プレビュー、エクスポート)
    • クリップ再生インターフェイスのマイナーなインターフェイスの改善

バージョン 2.3 (掲載 06/02/2016)

  • 新しい機能:
    • ビデオのエクスポートにダイナミック マーカーにマップを含める
    • マップを含めるし、その透明度を変更するためのコントロール
  • 改善:
    • アプリはできませんビデオを書き出すときにスリープ状態になります。 (このプロセスは、しばらくかかることがあります。)

バージョン 2.2 (掲載 05/22/2016)

  • 書き出したビデオに現在日付/時刻スタンプと一瞬のスピードで透かしが含まれています
  • ビデオ ストリームの明るい点に今より良い表示コンパス
  • 詳細インターフェイスは、エクスポートのより良いコントロール (バー) 再生と (地図上をタップします。)
  • 今滑らかなテーブル セルを崩壊履歴ビューでクリップを削除します。
  • デバイスが利用可能な低光ブースト モードにカメラを設定しようとすると、クラッシュするとき固定問題
  • 問題を解決したときは、エラー メッセージ ポップアップとクリップを削除できません。 “ビデオ クリップ ファイルを削除できません。!”

バージョン 2.1.1 (掲載 03/08/2016)

  • マイナーなインターフェイスの改善
  • クラッシュ報告サービスが含まれて
  • 新しい言語を追加 – 今の中国 (簡体、繁), 日本語と英語の他に韓国語, ロシア語, フランス語, イタリア語, スペイン語, ドイツ語とポルトガル語

バージョン 2.1 (掲載 10/10/2015)

  • GPS を使ったコンパスの方向を示す追加
  • カメラ コントロール インターフェイス制御品質と焦点に追加. マニュアル フォーカス レンズの位置設定に格納され今、アプリを実行する次の時間を使用します。
  • 3D タッチ ホーム画面のショートカットを追加 (録音の開始で起動します。, 履歴を表示します。, 地図を表示)
  • マイナーなインターフェイスの変更
  • 電話または同様の中断後引き続き今の記録
  • 固定マイナーな欠陥

バージョン 2.0.1 (掲載 9/15/2015)

  • 自動開始機能の問題を修正 (それしなかった ’ UI 更新後に自動的に起動しません。)

バージョン 2.0 (掲載 9/3/2015)

  • 歴史マップ ビュー追加記録されたその場所でクリップをすべて表示するには
  • ユーザー インターフェイスの強化
  • 新しい言語ローカリゼーションを追加

バージョン 1.2 (掲載 8/28/2015)

  • 良い自動レイアウト フォーマット再生を実行するとき
  • 最新と保護を維持する古いクリップをリサイクルする能力

バージョン 1.0 (掲載 5/18/2015)

  • 初期バージョン, App Store に提出.